迷ったらビタミンC!ビタミンC誘導体入り化粧水やビタミンC美容液による美肌効果について

活性酸素は強いストレスや紫外線を浴び過ぎたりすることなどによって体内に発生する物質です。その最大の特徴は、強い酸化力を持っていると言う点です。量が適度ですとその酸化力で免疫力歩を助ける役割を果たしますが、量が増え過ぎると強い酸化力で細胞を酸化させ様々な影響を与えます。たとえば肌の場合、活性酸素によってハリや弾力を構成しているコラーゲンやエラスチンなどの細胞が酸化してしまうと、たるみが発生しやすくなります。

また活性酸素の攻撃から肌を守るためにメラニン色素の分泌が過剰になり、シミが増えることにもつながってしまいます。ですから美容のことを考えるのであれば、活性酸素に対抗する力、抗酸化力のある成分を利用するのが望ましいです。

そこでおすすめなのがビタミンC誘導体や、ビタミンC美容液です。ビタミンCは強い抗酸化力を持っている成分であるため、美肌効果が期待できます。化粧水に配合する場合、安定性に欠ける、浸透性が低い、そして刺激が少し強いと言うデメリットがありました。そこで登場したのがビタミンC誘導体で、これはビタミンCよりもより安定性に優れ、浸透が高く、また刺激が強くない成分です。ですから肌が敏感な人でも安心して使用することができます。

またビタミンC美容液は原液を高濃度で配合しています。顔全体に使用するのは勿論ですが、部分的なたるみやシミに使用するのにはとても適しています。更にビタミンCにはコラーゲンの生成を助ける作用もあるので、この点においても美肌効果が期待できます。

コメントを残す