肌を傷つけないクレンジング法|クレンジングの知っ得裏ワザ伝授

毛穴の角栓とか黒ずみは気になるし、にきびもできる。クレンジングはしっかりやらなくちゃ。と思ってゴシゴシ洗う人、大抵そういう人は「洗いすぎ」てる場合が多いです。洗いすぎは肌トラブルのもと。肌は柔らかくて傷つきやすいので、力を入れてはいけません。力を入れるのは問題アリなんです。

固めのオイルやクリームでのクレンジングなどは必ず手に取ったら体温で暖めて、柔らかくしてから使うこと。そしてケチらないこと。量が少ないとどうしても肌との摩擦が増えてしまいます。ケチるぐらいなら1ランク安くても惜しまず使えるものを使って下さい。毛穴の汚れが気になるなら、クレンジングの前に蒸しタオルやスチーマーを使って毛穴を開いてからクレンジング剤を使うのもおすすめです。これもやりすぎてふやけてしまわないようにして下さいね。

ポイントメイクを落としたら、クレンジング剤を肌にのせ、力を入れずに優しく、下から上に、中心から外へくるくると指の腹で回転させるように軽くマッサージします。この時、Tゾーンの眉間、小鼻、顎など細かいパーツはより念入りに。

その後洗い流す前に「乳化」させます。これ、クレンジングクリーム、オイル、ミルク等ではやるべきポイント。ざぶっと洗い流す前に、少量の水を一度顔につけ、軽くまたくるくるします。これをやることでお肌の汚れが肌から浮いてきて、クレンジング剤と一緒に洗い流されるんです。乳化させたら洗います。とにかく力を入れないで!メイクは上にのってるだけですから、力は必要ありません。やさしく丁寧に洗って下さい。毎日続ければ日に日につやつやに輝くお肌に近づくのを実感できるはずです。

コメントを残す