クレンジングの刺激がニキビを作る?クレンジングとニキビの関係

メイクを毎日している人であればクレンジングを念入りに行う人というのもいるものです。ですがクレンジングはメイクの汚れや顔の汚れをしっかり取れて良い分、肌に必要な脂まで洗い流してしまうことがあるものです。脂の多い肌の人であれば良いですが、もともと乾燥肌であったりするような時は強いクレンジングを使うことによって肌の乾燥が酷くなってしまうこともあるものです。

思春期の頃のニキビは思春期であるがゆえの脂肌によってできていることも多いですが、大人になってからできてくるニキビの場合はそのほとんどが乾燥が原因です。ですからクレンジングの刺激でニキビができてしまうこともあるので、クレンジングを選ぶ時は適度な脂分が肌に残るようにもしましょう。

初めて使うクレンジングに関しては、使うことによってどれくらいの脂分が取り除かれるかがわからないことも多いので、まずは手で洗った感じはどうなのかということを確認してみても良いでしょう。手で洗った後に脂があまり残らず、肌の表面がざらざらしてしまうようであれば刺激が強かったり、洗浄能力が高いことで顔の肌も傷つけてしまうようなことがあるでしょう。

一度乾燥でざらざらになってしまったような肌はもとに戻すのにも時間がかかってしまうことが多いので注意が必要です。特に乾燥する冬や季節の変わり目は普段よりもいっそう乾燥が酷くなってしまうことが多いので使用するものには気を付けるようにしましょう。

コメントを残す