しっかり美白したいアナタに!美容に役立つ有効成分:ビタミンC誘導体の効能

美白化粧品に含まれていることが多いのが、ビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は、ビタミンCを安定化させ、より浸透力に優れた形に変換させた成分です。またビタミンCよりも刺激が低いのも特徴です。ビタミンCは、抗酸化力に優れている成分です。抗酸化力とは活性酸素に対抗する力のことです。活性酸素は細胞に深いダメージを与えることから、美容の大敵とも言える物質です。そして活性酸素は、シミやくすみの発生にも深い関係があります。

シミやくすみの原因であるメラニン色素は、肌をダメージから守るために分泌される物質です。そしてこのダメージと言うのには活性酸素による酸化ダメージが該当します。紫外線を浴び過ぎるとシミができると言うのは、紫外線ダメージによって活性酸素が過剰に発生して、そのダメージから肌を守るためにメラニン色素が大量に分泌されるためです。ですからビタミンC誘導体が含まれて美白化粧品を利用すると、抗酸化力によって活性酸素の発生が予防できるため、メラニン色素の発生も抑制することが期待できると言うことです。

それからビタミンC誘導体には、潤い成分であるコラーゲンの生成を助ける作用もあります。肌の潤いが十分で、肌のコンディションが整っていると、肌の生まれ変わりであるターンオーバーの周期も規則正しく行われます。するとシミやくすみも古い角質と共に剥がれ落ちやすくなるので、こうして面においてもビタミンC誘導体は美白に対する効果が期待できると言えます。

コメントを残す